Menu

マレリとXenomatiX社 LiDARソリューション分野での共同開発に関する合意

【2020年1月7日、ラスベガス(米国)】

大手自動車関連サプライヤーのマレリ(MARELLI)と、True-Solid-State型LiDAR(Light Detection and Ranging)のサプライヤーであるXenomatiX社は本日、CES®ラスベガスにおいて、LiDARソリューションの分野での技術・商業開発に関して合意することを発表しました。

XenomatiX社は、マレリの車載照明部門に対して、ADAS(Advanced
Driver Assistance
System=先進運転支援システム)および自動運転アプリケーション向けのTrue-Solid-State型LiDARモジュールを提供します。マレリの車載照明部門とXenomatiX社は、マレリが2018年に買収したフランスのスタートアップ企業Smart
Me
Up社のAI知覚技術も活用し、両社の能力を組み合わせて、さまざまな自動車メーカーの未来の世界の自動車ニーズを満たすモジュラー型LiDARシステムソリューションを提供していくことになります。

LiDARセンサーは、ADASおよび自動運転の分野で広く用いられており、車線変更アシスト、ハイウェイパイロット、渋滞アシストなどのアプリケーションは、LiDARシステムに大きく依存しています。

XenomatiX社は、そのTrue-Solid-State型LiDARセンサーとともに、量産用に設計された実績のある半導体技術に基づいたユニークな製品を市場に供給しています。

XenomatiX社とマレリの車載照明部門が開発したTrue-Solid-State型マルチビームLiDAR技術は、その際立った特徴により、ADASのさまざまな機能を実現するために不可欠な、高い信頼性と広範囲のカバレッジを実現するものです。

XenomatiX社のLiDARは、高解像度、信頼性と耐久性で知られています。他のLiDAR製品とは全く異なり、XenomatiX社は、大量生産に焦点を当てて設計された非スキャンLiDARを提供します。同社のXenoTrackとXenoLidarの製品ラインは、すでに多くのティア1サプライヤーや自動車メーカーから好評価を受けており、XenomatiX社はLiDAR市場おける堅実で経験豊富なプレーヤーとなっています。

マレリの車載照明部門のCEOであるSylvain Duboisは、次のように述べています。

「XenomatiX社のような最先端の技術と付加価値をもたらすパートナーと、こうした協働を開始できることを大変うれしく思います。私たちの目標は、XenomatiX社のTrue-Solid-State型LiDAR技術を活用してADASと自動運転の分野での重要な機能のセットを可能にすることを通じ、お客様をサポートすることです。」

マレリの車載照明部門の長年にわたるシステム統合、光学、電子機器、およびソフトウェア機能は、XenomatiX社の最先端のLiDARコンポーネントテクノロジーを完璧に補完するもので、これはスタンドアロン形式、または大型のフロント/リアモジュールの一部として使用できます。

知覚技術への投資を活用することで、マレリはAIに基づいたオブジェクト認識と分類機能をXenomatiX社のコンポーネントで構築されたLiDARシステムに追加し、モビリティをより便利で安全なものにするため、世界中のお客様をサポートすることができます。

XenomatiX社のCEOであるFilip Geuens氏は、次のように述べています。

「マレリは、自動車市場向けに設計したTrue-Solid-State型LiDAR技術に基づいて、さまざまな自動車メーカーのニーズを満たすモジュール式LiDARソリューションを開発し、より大きなシステムに統合できる適切な能力を備えた大手自動車関連サプライヤーです。現在、XenomatiX社はティア2サプライヤーとしてのポジションをさらに強化しており、自動車分野におけるマレリの長年の経験と3Dセンサーは、このパートナーシップの鍵となるものです。」

マレリの車載照明部門は、世界中の主要自動車メーカーとその拠点で主導的な地位を占めており、今後数年間でこれらのソリューションを本格的に展開するための重要な要素となります。XenomatiX社がLiDARセンサーに採用している新しいモジュール方式は、最適な研究開発による柔軟性を通じて、複数のアプリケーションに対応するものです。

マレリは、魅力的なスタイリングと世界クラスの照明性能を維持しながら、自動車のヘッドランプとテールランプ内の自動運転用センサーを統合したソリューションであるSmart CornerTMの導入により、ADASと自動運転領域における能力を強化しました。Smart CornerTMは、CES®2019 Innovation Awards の車両インテリジェンスおよび自動運転技術部門で表彰されています。

次世代のLiDARは、消費者向けに提供される予定です。

XenomatiX社について:

XenomatiX社は、先進的な運転支援システム(ADAS)と自動運転のためのTrue-Solid-State型LiDARソリューションを提供する初めての企業です。XenomatiX社は、正確なリアルタイム3Dデジタル化と車両周囲の状況把握を可能にする製品を設計・構築し、より安全で快適な車両につながるアプリケーションを強化しています。

同社の次世代LiDARソリューションは、信頼性の高い実証済みのテクノロジーに基づいて、比類のないオブジェクト検出および追跡、フリースペース検出、道路形状測定、およびローカリゼーションの機能を提供します。XenomatiX社は、自動車メーカー、Tier1メーカー、インテグレーターのニーズを満たし、市場の進化や業界の要件を先取りするために、常に技術の向上と投資を行っています。

マレリについて

マレリは、世界的な独立系自動車関連サプライヤーです。イノベーションとモノづくりに確かな実績を持つ当社の使命は、お客様やパートナーと協力して、より安全で、より環境に優しく、より良いつながりのある世界を造ることを通じて、モビリティの未来を変えることです。全世界に約62,000人の従業員を擁するマレリは、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカに約170の施設や研究開発センターを有し、2018年の売上は約146億ユーロ(約1兆8250億円)に達しています。