Menu

マレリ、チーフ・ピープル & オーガニゼーション・オフィサーにSherry Vasaを任命

2021年3月1日

世界的大手自動車関連サプライヤーのマレリは、本日、Sherry Vasaをエグゼクティブ・バイスプレジデント(EVP)としてチーフ・ピープル &オーガニゼーション・オフィサーに任命したことを発表しました。

Sherryは、米国をはじめアジア太平洋地域、ヨーロッパで、フォーチュン誌(米国)500社に名を連ねる数々の企業において、エグゼクティブとしての勤務経験の持ち主です。さらに20年以上にわたり、世界最大の自動車向け安全システムのサプライヤーであるAutolivにおいて様々な指導的役割を果たしてきました。直近では、人事、サステナビリティ & コーポレート・コミュニケーション担当のEVPを務めました。

マレリにおいてSherryは、新設された人財・組織の機能をリードします。この新しい機能では、人事の範囲を拡大し、より広い組織開発にとどまらず、人やチームにさらに焦点を当てていきます。これは、マレリのバリューと長期的な目標に基づく組織を構築するうえで、主要な役割を果たしていくことになります。ダイバーシティとサステナビリティは、マレリの将来の成功に不可欠なコアバリューのうちの2つであり、どちらも新しい人財・組織の機能の役割と責任に含まれる領域です。

マレリのCEOであるベダ・ボルゼニウスは次のようにコメントしています。
「Sherryは、経営改革、人財育成、業務効率化、および採用において豊富な経験を持っています。文化、エンゲージメント、透明性、コラボレーションに重点を置いたトップ・パフォーマンス・チームの構築とリードに実績を持つ彼女は、マレリの変革においても重要な役割を果たしてくれることでしょう。」

Sherry Vasaは新たな職務について、次のようにコメントしています。
「マレリは、新たに世界をリードするTire1サプライヤーの地位確立への旅路の真っただ中です。これらの目標を達成するために、経営陣は、有能で意欲的なチームを育成する強力な組織文化の構築に向けた明確なコミットメントを表明しています。私もこの旅路に加われることにワクワクしており、マレリ・チームの一員になれることを楽しみにしています。」