Menu

マレリ、Wiproと複数年のグローバル自動車ソフトウェア・エンジニアリング契約を締結

2020年9月8日

大手自動車関連サプライヤーのマレリ株式会社 (マレリ)と、インドのバンガロールに拠点を置く世界有数の情報技術・コンサルティング・ビジネスプロセスサービス企業であるWipro Limited (NYSE: WIT, BSE: 507685, NSE: WIPRO)は本日、自動車用エンジニアリングサービスに関する複数年のグローバル契約を締結したことを発表しました。

マレリは、さいたま市とイタリアのコルベッタに事業本部を置く、世界的な独立系自動車関連サプライヤーです。

複数の事業部門にまたがるこのパートナーシップの統合的相乗効果によって、マレリは、お客様と連携してモビリティの未来を変えるというビジョンを実現し、その価値を高めることをさらに加速させることができます。今回の合意に基づき、WiproはそのEngineeringNXTフレームワークと強力な自動車エンジニアリングの専門知識を活用して、マレリ向けにソフトウェア・エンジニアリング工場を設立します。またこのパートナーシップは、マレリの事業効率を向上させ、コネクティビティと持続可能なモビリティ・ソリューションに関する最先端のテクノロジーの立ち上げ促進にも寄与するものです。

マレリのExecutive Vice President – Chief Commercial, Engineering & Technology OfficerであるDr. Detlef Juerssは、次のようにコメントしています。
「コネクティビティとモビリティの急速な進化により、マレリはソフトウェア・エンジニアリングに関する能力をグローバルに拡大しています。マレリとWiproとのパートナーシップにより、モバイル分野でのリーダーシップが強化され、その製品を将来の市場ニーズに対応できるようになります。マレリが、Wiproの持つ経験と能力および実行スピードの恩恵を受けることができることを大変嬉しく思います。」

Wipro LimitedのIndustrial & Engineering Services, Senior Vice President である Harmeet Chauhan氏は、次のようにコメントしています。
「私たちはマレリの戦略的エンジニアリング・パートナーに選ばれたことを大変光栄に感じており、そのビジョンの実現を支援することを楽しみにしています。グローバルな大手メーカーやサプライヤーとの豊富な業務経験に裏打ちされた弊社のEngineeringNXTプラットフォームのサービスは、この戦略的協働を通じて、マレリのイノベーション能力を大きく加速させるものです。このパートナーシップは、当社が自動車産業にもたらす価値の証明であり、戦略的市場である欧州と日本における当社の成長する事業基盤に基づくものです」

Wipro Limitedの Manufacturing Business Unit Senior Vice Presidentである Vinay Firake氏は、次のようにコメントしています。
「WiproはすでにマレリのITパートナーであり、同社のITサービスをグローバルレベルで標準化・簡略化し、そして強化していますが、今回マレリのエンジニアリング・パートナーに選ばれたことを嬉しく思います。当社とのパートナーシップの拡大は、当社が提供してきた価値を証明するものです。この新しい取り組みによって、自動車の消費者、自動車メーカー、およびマレリ・グループのビジネス成果を向上させることができると確信しています。」