Menu

マレリ、ソフトウェア定義車両アーキテクチャ実現のため 革新的な照明ドメインコントローラを開発

2024年3月28日

マレリは中国において、車両のフロントライト、リアライト、車両周囲の新たな360°照明機能を制御可能な革新的な自動車照明ドメイン制御ユニットプラットフォームを開発しました。将来的には、さらに多くの照明アルゴリズムをこの照明ドメイン・コントローラに統合することが可能です。次世代車両向けの照明システム用として開発されたこの最先端技術は、4月25日から5月4日まで開催される北京国際自動車展にて、マレリの先進技術として展示される予定です。

内燃機関車であれ電気自動車であれ、照明制御システムは、車両安全性とドライビング体験の向上に重要です。電子・電気アーキテクチャの進化に対応するため、マレリは先見的なアプローチで車両照明制御システム・アーキテクチャ開発を推進しています。マレリの照明ドメイン・コントローラは中国の電気自動車市場に導入され、量産が始まっています。機器側では、マレリは「MCU(マイクロ・コントローラ・ユニット) LESS」インテリジェント・ドライバー・コンセプトを導入し、照明ソフトウェア・ドメインECUに集約する可能性を大きく拡大、ソフトウェア定義車両(SDV)への自動車業界のトレンドを完璧にサポートしています。

照明機能が専用ECUを持たなくなるにつれ、Software as a Product(SaaP)のコンセプトに基づき、照明システム全体においてソフトウェアが果たす役割が強化されています。マレリ独自の技術アプローチは、車両が生産された後も、OTA(オーバー・ザ・エア)アップデートと自動車照明ソフトウェア機能の更新が可能です。

自動車照明エレクトロニクス分野で20年以上の専門知識を有するマレリは、分散型電源用の基本的な照明コントローラから、アダプティブ・マトリクス・ヘッドライトをサポートする集中型CAN通信コントローラ、micro-LEDとデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)技術を使用する高解像度レンダリング・コントローラに至るまで、自動車照明に関する包括的なコントロール・ユニット・ソリューションを提供しています。この幅広い製品ポートフォリオは、顧客からの手頃な価格、品質、スケーラビリティに対する需要に応えています。特に、DMDとmicro-LEDに適用される高解像度レンダリング・アルゴリズムのノウハウとソリューションは、すでにいくつかのグローバルおよび中国のプレミアムブランドに採用されています。

マレリは、強固なソフトウェア及びハードウェア設計を基盤に、特にアダプティブ・ヘッドライト用の革新的な照明ソリューション設計に万全の体制を提供しています。マレリは、高解像度のアダプティブ・ヘッドライト(最高130万画素)の業界開発をリードしており、光学モジュールと電子制御モジュールの両方を提供しています。マレリはアダプティブ・ヘッドライトにデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)技術を適用した最初の企業です。

中国においてマレリは、R&D、設計、生産システムを完全に現地化しています。生産では、広州と芜湖において照明用電子制御ユニットの生産施設があります。R&Dでは、中国およびグローバル市場向けの照明制御ユニットの開発を支援すべく、上海及び芜湖に研究開発センターを設置、ヨーロッパのデザインセンターと密接に協力し、設計リソースを共有しています。これにより、市場の需要に迅速に対応し、顧客に革新的かつ効率的で手頃な価格の照明コントローラ・システム・ソリューションを提供することが可能です。

これら最先端のマレリ照明分野のイノベーションは、北京モーターショーのマレリブース、W1-W01で展示されます。