Menu

マレリ、CES 2024イノベーション・アワード 受賞

2024年1月8日

マレリのLASERと光ファイバーリアランプ技術は、赤色LASERと自動車リアランプ機能を組み合わせた業界初のソリューション

世界的な自動車モビリティ技術サプライヤーであるマレリは、「赤色LASER&光ファイバー・リアランプ」により、CES 2024イノベーション・アワードの受賞者に選出されました。マレリは、世界で初めて、赤色LASER技術とリアランプ機能を組み合わせて開発、商品化しました。このランプを製造するため、マレリは赤色LASERダイオードとLASER内の光サイドライト・ファイバーを結合させました。その結果、非常に細いイルミネーション・ラインが実現し、OEMにユニークでスタイリッシュなブランド・シグネチャーを作成する柔軟性を与えました。

マレリは非常に特殊な要件を持つドイツの高級車メーカーのためにこの技術を開発し、直径1mm以下のという非常に細い吊り下げ式ライトガイドを使ってユニークな夜間外観を実現しました。通常のライトガイドは直径約6mmでプラスチック製、光ファイバーより重く、美観上この要件には適しません。光ファイバーは、光を使ってさまざまな形や曲線を実現できるという点で、デザインの柔軟性が高く、均質性も保証します。他方、プラスチック製の太いライトガイドではこれは実現できません。装飾用光ファイバーは、わずかなスペースで複数の照明が施されたような外観を実現できます。つまり、光ファイバーは、車の周囲360度、異なるデザインや位置のオプションでも利用できる標準部品と考えることができるでしょう。

LASERと光ファイバーの組み合わせは、スタイリングの柔軟性をサポートすると同時に、電力効率と軽量化により、より持続可能性が高い点でも真に独創的です。もし、LEDを光源として同じ照度と均質性を達成しようとしたら、消費電力は3倍になります。また、LASERテクノロジーは、光ファイバーに沿った「スペックル効果」を可能にし、その結果、従来のリアランプにはなかった特徴的な外観を実現しています。

マレリは、2024年1月9~11日に米国ラスベガスで開催されるCES 2024に合わせて行われるウィンホテル、ラトゥール・ボールルーム5~6での展示で、LASERおよび光ファイバーリアランプを含む最新技術を披露します。