09.09.2019

カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリ、社名を公式にグローバルブランドの「マレリ」へ

"

【2019年9月9日、さいたま】

大手自動車関連サプライヤーのマレリは、カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリの両社が来月以降、会社名を公式に「マレリ」へと変更することを発表しました。すでに本年5月、共通ブランドを「マレリ」とすることが発表されていましたが、今回の発表は、マレリをグローバルでさらに競争力あるブランドに位置付けるための次なるステップです。

カルソニックカンセイ株式会社は「マレリ株式会社(英文名:Marelli Corporation)」となり、マニエッティ・マレリS.p.A.は「マレリ・ヨーロッパS.p.A.(同:Marelli Europe S.p.A.)となります。これに続き、主な関連会社も来月以降、「マレリ」を冠した名称へと変更されます。

マレリの名のもとで一体化した会社は、質の高い提案を行ってそれを多様化し、世界中のお客様によりよいサービスを提供していく体制を整えました。

マレリのCEOであるベダ・ボルゼニウスは、次のようにコメントしています。

「これは、私たちがグローバルカンパニーとして一つにまとまり、共に旅を進めていくうえでのエキサイティングな一歩です。公式に社名を変更したことは、世界中のお客様に質の高い製品とイノベーションを提供し、世界をリードする企業へと進化していくことを具体的に示すものです。」

「マレリ(MARELLI)」について

マレリ(MARELLI)は革新的で開かれた、真にグローバルなパートナーです。イノベーションとモノづくりで定評のあるイタリアと日本を拠点とする2つの自動車関連サプライヤーが統合して誕生しました。欧州、米州、アジア太平洋地域に約170の工場と研究開発拠点を有し、埼玉県さいたま市とイタリアのコルベッタに事業本社を置きます。

"